今度こそ英語が話せるようになろう!と意気込んでみたものの、結局何をすればいいかわからなかったり、英会話教室や英語教材が続かなかったりした経験はありませんか?そんな人におすすめしたいのが、TOEIC最高点数保持者である山内勇樹先生が開発したおうちホームステイです。

おうちホームステイはスマホ1つで手軽に英会話を学べるEラーニング型の英語教材です。その特徴は、1日30分取り組むことで、最短7日間で簡単な英会話ができるようになるというもの。30分間の間にリスニングとスピーキングをゲーム感覚で繰り返し取り組むことで、耳から英会話を習得できるようになっています。

そして、体験者の96%が英会話力が身についたと実感し、2ヶ月間のプログラムをクリアした人の中にはTOEIC800点突破やハーバード大学に合格したという報告まで寄せられるほどです。こうした高い実績の秘訣は、開発者である山内勇樹先生にあります!山内勇樹先生は、UCLAで脳神経科学を専攻し、脳の学習機能や記憶機能、脳細胞の働きなどを研究してきました。すなわち人が物事を学習するメカニズムを知り尽くしており、そこで学んだ内容をおうちホームステイの学習システムに応用しているのです。

驚くべきことに、山内勇樹先生自身は元々英語がまったく話せませんでした。中学生の頃からバスケットボールに熱中し、体育科の高校に進学するものの怪我が原因でバスケの道を断念。それでもアメリカに行きたいという夢を叶えるべく、独自で英語学習方法を研究することで偏差値39の体育科高校から世界大学ランキング15位のUCLAに留学することになります。帰国後には英語教育や海外留学をサポートする講師として活躍。生徒1万人以上のTOEICスコアを100〜350点アップさせたり、500名以上の留学志望生徒を全員海外の大学に合格させてきた山内勇樹先生の英語教育は、各学校の英語教員から指導方法を教えてほしいといわれるほど大変評判なものになりました。

さらに山内勇樹先生のTOIEICのスコアがインターネット上に公開されていますが、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキング全てにおいて満点という驚異的な結果。山内勇樹先生独自の英語学習法の効果の高さを自分自身でも示しています。おうちホームステイは、このように英語教育の第一人者として活躍してきた山内勇樹先生が、UCLAでの脳神経科学の研究結果と、高い実績を持つ英語指導ノウハウを組み合わせることで、効率的で効果的な英語学習を実現しているのです。

山内勇樹先生のおうちホームステイはこんな人にオススメ!

それではどのような人におうちホームステイがおすすめなのか、ひとつずつポイントを見てみましょう。

英語に苦手意識がある人

おうちホームステイは、英語に対して苦手意識がある人に特におすすめです。なぜなら、おうちホームステイは中学レベルの英語がわかれば最短1週間で簡単な英会話がマスターできるようにつくられているからです。

そのポイントは、おうちホームステイは英会話スキルを身につけるにあたって「英語を勉強しない」ことに重きをおいていること。

通常、英語を勉強しようとすると、単語や文法をひとつひとつ覚える必要があると思われがちです。しかしこのように詰め込みで勉強していてもなかなか覚えるのが難しく、英会話をマスターしようとするととても時間がかかってしまいます。さらにせっかく覚えた英単語や文法でも、実際の英会話シーンにおいて話そうとしてもなかなかとっさに出てこないもの。

そもそも、英語を話せない人のほとんどが英会話を声に出して練習することをあまり意識していません。
学校での英語教育もリーディングとライティングが中心であり、意識的にとりくまないとなかなか英語を話す機会がありません。

そのため、英会話教室などにおいても、講師や他の生徒の前で間違えたら恥ずかしいなど無意識に消極的になってしまい、いつまでたっても思うように英会話が上達しないのです。

英語をはじめ語学を習得しようとした場合、本質的には耳から入るのが最も効率的です。そこでおうちホームステイでは、耳で英会話が習得できるよう徹底的に聞いて話すことを繰り返します。

スマホ1台あればひとりで取り組めるため、自宅で練習すればどんなに間違えても人の目を気にすることもありません。そのため、今まで英語に苦手意識があったり英語学習がつづかなかった人にとってピッタリといえます。実際、おうちホームステイを利用した人のほとんどが「英語学習の概念が覆された」と感じていて、ただ聞いて話すだけでいつの間にか英語の発音までよくなったと好評です。

普段の仕事が忙しい人

おうちホームステイは、普段の仕事やスケジュールが忙しい人にもピッタリの英会話教材と言えます。

特に社会人の場合、英語に対するニーズが高まっていても普段の仕事や付き合いでなかなか時間がとりづらいものです。

英会話教室に通おうと思っても、他に優先したい用事があると欠席せざるをえなくなり、それが続いてしまいだんだん英会話教室に通いづらくなってしまったこと、経験ある人もいるのではないでしょうか。

語学学習において最も大切なことは継続することです。

1日にまとめて学習するよりも、短時間でもいいから毎日継続して学習したほうが、たとえ同じ総時間でも学習効率は後者のほうがはるかに高くなります。

そのため、普段仕事などで忙しい人ほど、スキマ時間をうまく活用することで学習効果をグッと高めることができるといえます。

おうちホームステイの場合、スマホ1台あればいつでもどこでも受けることができます。30分間と1回における学習時間も短く、まさに忙しい社会人向けの教材といえるでしょう。

他の英語教材や英会話教室などで話せるようにならなかった人

英語教材や英会話教室なんてどれも同じと思ってはいませんか?

山内勇樹先生もUCLAに向けて勉強していた際に気づいたことですが、英会話は学習方法によって習得率が全然異なります。

極端なことをいうと、英語圏へ1ヶ月留学したほうが英語習得はずっと早いと誰しもが思うでしょう。

とはいえ普段の仕事や学校などを考えるとなかなか現実的ではありません。

そのために、英語教材や英会話教室がつくられているのです。

しかしその内容はどれも似たり寄ったり。なぜならば日本人が日本人向けにつくっているからです。

新しいテキストを目の前にして英語をマスターするぞと意気込んでみたものの、その分厚さにだんだんモチベーションが下がってしまった人もいるのではないでしょうか。

英会話教室に通い始めてみたものの、講師や他の生徒も日本人であるためにいつまでも英語のぎこちなさが抜けないというのもよくある話です。

おうちホームステイがこれらと大きく違うのは、1回30分間という短い時間の中でしっかりネイティブの英語に触れることができる点です。その名の通り、自宅にいながらホームステイをしているかのように英語に触れる環境がつくれるのです。

山内勇樹先生がUCLAで研究した脳神経科学に基づいてつくられているので、たった30分間英語を聞いて話すだけでも効率よく学習できるようになっています。

他の英語教材や英会話教室で思うように英会話を習得できなかった人にも、おうちホームステイはピッタリといえます。

このように、おうちホームステイは英会話の本質である「聞いて話す」ことにフォーカスし、様々なニーズに応えられるようにつくられています。英会話を上達したいという気持ちがある人すべてにおすすめといえるので、ぜひ取り組んでみてください。

テレビCM放送記念キャンペーン開催中

おうちホームステイ

英語が苦手な人が1日たったの30分で日常会話をマスターできる全く新しい英会話メソッド。

体験者の96%たったの1週間でネイティブに通じる英会話力を身に着けた魔法の英会話メソッドとは?

今ならテレビCM放送を記念して、たったの1週間でネイティブと英会話ができるようになる方法を無料プレゼント!

キャンペーン終了まで、あと
テレビCM絶賛放送中!

ゲーム感覚で出来る英会話学習を
1日たったの30分するだけでネイティブ英会話が身につく!

英語が苦手な学生でも英会話が理解できる7つのフレーズで英語が話せてしまう『おうちホームステイ』とは一体?

おすすめの記事